ABOUT

『静岡県遠州地方で、約700本のオリーブを夫婦で栽培しています』 2008年から2009年にかけて、それぞれ別の目的でイギリスに滞在していた私たち。イギリス滞在中、何度となくイタリアやスペイン、フランスなどを訪れるうちに、その食文化、生産者と消費者の関係に強く惹かれました。 帰国後、夫・健太は長野にて自然農法の理念・技術を習得し、自らの出身地である静岡県遠州地方にオリーブを植えることを決意します。そして2011年春、小豆島からオリーブの苗木を約100本取り寄せ、家族と共に遠州の地に定植しました。 2011年6月より約2年半にわたり、オリーブの栽培・加工技術の習得のため、ニュージーランドとオーストラリアへ二人で渡航し、現地の小規模農家を訪ね回りました。 再び帰国後の2014年春、遠州地方にてオリーブ農園を拡大し、現在約700本のオリーブを栽培しています。 2015年1月には夫婦そろって認定新規就農者になりました。   2017年秋、イタリアより搾油機を導入し、それまで委託していた搾油も自園にて行っています。 Facebook https://www.facebook.com/enshuolive/ Instagram https://www.instagram.com/enshuolives/